米作り


H30.6.22

田植えが終わってから約1ヶ月が経過したので、田んぼの様子を撮ってきました。

左の写真が密播で植えたもので、右の写真が通常のものです。

見てきた限りでは、ふたつの稲の育ち具合に違いはありませんでした。

 



H30.6.18

一部の田んぼに水位センサーを取り付けました。

これで田んぼの水位を計測することで効率的に田んぼの水管理をすろことができるようになりました。

専用のアプリをダウンロードすることでスマホで水位を確認することができます。


H30.6.4

田植えも無事終わり今は、畦畔の草刈りの真っ最中です。


H30.5.22

今年も田植えが19日から始まりました!

今年は約55町あり全て植え終わるのに10日かかります。

 

ちなみにこの日は県が行っている「ふくしまアグリイノベーション実証事業」の一つである密播移植の実演がありました

密播は一つの箱に通常より多くの苗をまきます。なので見てのとおり左の方が密度が大きくなります。

それによりはこの枚数が減り一度で植えられる面積も増え時間短縮になりますが、苗一本一本は細くなりました。今回は、収穫量・育ち具合など通常のものとどのような違いがあるかを調べるためにわかりやすく隣同士の田んぼに植えました。

※二つの種まきの日にちが異なります


H30.5.1

田植えに向けて準備がすすんでいます。


H29.8.4

田んぼの様子です

H29.7.6

田んぼの様子です

19cmくらいまで成長しました


H29.05.20

今日から田植えが始まりました。

H29.05.02

ダイゴ農園はじまりました


もみ炭でお餅焼き

モミガライトストーブ

12月17日に設置し、18日から使い始めているモミガライトストーブです。

芯まで温まります♪時間は4~5時間ほど使用できます。


11月7日

10月21日に行われたこりひかりの稲刈りの様子です!


10月21日

もち米の集荷の様子です!

現在はコシヒカリを稲刈り中です!

※建設事業部 南相馬も更新されています。是非ご高覧ください。

 


    稲刈りの様子         お米をトラックに移している様子        移したお米

10月8日

今週の10月3日にもち米の一部を稲刈りしました!

もち米の稲刈り後はミルキークイーンを刈るようです!

 

※建設事業部 南相馬も更新されています。是非ご高覧ください。

10月1日

 

 

 

 

もち米の稲刈りが先週から始まり

今は籾摺り等をしています。

今日は袋詰めにするまでの行程を紹介させて

いただきます。

 

 

 

1.

稲刈りしたお米を

乾燥機にかけ水分を

16パーセント以下に

します。

 

 

2.

余分なゴミをこちらの

機械を使って取り除いて

行きます。


3.こちらの機械でもち米を玄米にしていきます。

4普通はこの後一段階のみで袋にいれてしまうのですがダイゴ農園では三段階に分け色彩選別機にかけていきます。

※色彩選別機とは、お米の中に混じっているヤケ、糠玉(糠のかたまり)、くさの実やうすい色が着色した着色でも選別できる機械です。篩(ふるい)や風量などによる大きさ・形状・比重による選別で除去できない、変色したものなどを取り除きます。


 

 

悪いお米

 

 

こちらの機械で

30kgはかり


 

 

袋の袋を結び

 

 

 

できあがりです



9月24日

見た目は前回とあまり変わりありませんでした。

10月に入ればコシヒカリも稲刈りになるので楽しみです(*^_^*)


9月17日

9月20日の稲刈りに向けて準備している様子です。

田んぼの方は前よりさらに黄金色が増していました(^^)


9月10日

一週間ぶりに田んぼにいってきました!!

全体的に黄金色に変わっていましたー゜.:。+゜

9月下旬くらいからコガネモチの稲刈りが始まるみたいです(^^)

総合ページに戻る方はこちら